タガミヒロミの見たそら    
20 Jan 2008   08:11:07 pm
私が毎年川崎大師に行く理由

昨日は3歳のときからの親友と一緒に、毎年行っている川崎大師に行きました。
私たちは32歳になる歳から、毎年欠かさずここに厄よけ参りに来ています。

けれど、私は真言宗を信仰しているのかと言われたら、違います。特になんの宗教にも入っていないです。
…というか、「神頼み」ということ自体、信じてません。
それは結局のところ「神様」というのは自分の中にしかいない、と思っているからです。
じゃあ、なんで毎年川崎大師に行くのか?

実は、一番最初の年は「さすがに厄年だし、祓ってもらったほうがいいんじゃない?」と同級生の親友4人組で話題になったのでなんとなく一緒に行っていました。
でも、同時に「私はなんの神様も信じてないのに、これって真言宗にとって失礼な話なんじゃ…」という思いもあったのですよ。で、いろいろ考えまして。

現在、病気での経験もふまえて得た結論。
私にとっては、寺社仏閣に詣でて祈ることは「自分のなかの神様」を再確認する作業なんだと思います。
私は良い教義の宗教は否定しません。が、私自身は、誰もが本当は「自分教」の信者で、教祖も信者も世界で自分1人だし、誰も入れないものなんだと思っています。
で、寺社仏閣というのは、その「自分教」の神様を確認するにはとても良い「気」のまわっている空間なんじゃないかなぁ……と。
そして、「神」というものがもしいるのならば、多分人間のように「宗派が違うからお前はくるな!」とか、心の狭いこと言わないんじゃないか……と☆
だからどの寺社仏閣にお邪魔して「自分のなかの神様」を確認しても、多分「それはそれでアリじゃよ」とおっしゃってくださるんじゃないスかね?

そんなわけで、毎年川崎大師に行くのです。
ちなみに昨年は「病気平癒」を祈りましたが、今年は治ったので「お礼」のお札をいただいてまいりました。
弘法大師さま、ありがとうございます。
自分の名前が「弘美」なだけに、このご縁は偶然ではないような気がする今日このごろです。
カテゴリー : 私の目から見た世界 |
14 Jan 2008   07:08:37 pm
才能と努力について考える
昨日13日、あまりに身体が疲れていたので、私の信頼する整体師・「ちんねん」こと 田中士郎さんの施術を受けに新宿の「OASIS」へ。
プロの技とちんねんの「気」で楽にしていただいたあと、大好きな格闘家・須藤信充選手の試合を観に新宿FACEへ行きました。

え、須藤信充って誰?知らないって?
そりゃ、キックボクシングの選手なんてフツー格闘技ファンしかしらないよね。
では、この人が須藤さんです。


…って、なんでお前と写ってる写真があるんだよって??
こんなマニアックなイベントに参加するほど好きだからだよ☆
…しっかし、この写真、2007年4月12日のものなんだけど、あたし見るからに「鬱ですが何か?」って顔してるわね。今と顔ちがうの、わかります?

で、話がそれましたが、須藤信充氏は私とおない歳。つまり現在37歳!しかもお誕生日がちょうど半年違いとあって、とても他人とは思えないんだよね。
でね。この人、キックボクシング界では「天才」と呼ばれてて、いくつもタイトル持ってるんだけど、実は昨日の試合ではJ-NETWORKのミドル級王者・寒川直喜さんにTKO(テクニカルノックアウト=怪我などで試合を途中で止められるやつのことです)負けしてしまいました。

でもね、実は試合前の紹介VTRが流れたときから、「今日はすどっちょ(須藤さんの愛称)負けるんじゃないかな」って私は思ったんだよね。
なぜなら、VTRで寒川さんが「天才をねじふせるだけの努力をこっちはしてきてますからね」って言ったから。
そのとき、寒川さんのほうがすどっちょより、ちょっとだけ「気合い」が勝ってるように思えたから。

私が格闘技が好きな理由は、格闘家という「闘うことのプロフェッショナル」が生で観せる「気」と「気」のぶつかり合いだからなんだと思う。だから、少しでも「気合い」が勝るほうが勝つ。
その潔さが美しい。だから、好き。



話がかわるようだけど、「美人」だとか「天性の才能」だとか、そういうものを持っている人は、逆にそのことが「壁」になる時期があるように思う。それは格闘家しかり、役者しかり、作家しかり、事務職しかり、主婦しかり、なんの「なりわい」の人にでもあることだと思う。

「美人」にうまれたら、そうでない人よりも努力しなくても美しくいられるでしょ?
だから、「美人」がいざ「努力してより美しくなろう!」と思ったときに、それまで努力だけで生きてきた人を越える努力をするには、自分が「美人」であることの「壁」をぶち破るだけの力が要るのだと思う。

いま、須藤信充はその「壁」と闘う時期にきたのだと、昨日の試合を観て思った。
だから私は応援する。
そして、天才の壁も、年齢の壁も、すべてぶち破って魅せてくれ、すどっちょ!
私のありったけの気持ちを今日の日記に込めて。
カテゴリー : 私の目から見た世界 |
12 Jan 2008   12:31:43 am
物にも気持ちはあるか?
昨日の話の続きになりますが、あなたは「物」(今日はあえて漢字で書くよ!)には気持ちがあると思いますか?無いと思いますか?

私はいまアロマテラピーの学校に通っていますが、そこで習った事の中に、私の考え方を劇的に変えるためのヒントがありました。
それは「全宇宙はたかだか90〜100の原子で構成されている」ということ。
そういえば高校のとき化学で習ったような…テヘッ…って感じですが。
でね、てっとり早く言えば地球という星が丸い形になって大気で包まれて「閉じた」ときに、たまたま地球上に多くあって、安定した形の原子が「C(炭素)」だった。
だから地球上のあらゆる生命体は「炭素骨格」でできていて、人間も、お魚も、植物もみんな燃やすと最後は炭、つまり「炭素」に戻るということなのだそうです。(だいぶはしょってるから、突っ込みのある方も多いかもしれませんが、まあまあ、だいたいで聞いてください。)それを人間は「有機化合物」と呼んでいる、と。

で。
ここからは私が思ったことなんですが、「ん〜。私は今まで生き物には『気持ち』があると思ってたけど、ってことは、炭素を中心としない化合物も、宇宙を構成するたかだか100弱の原子の何らかでできてるってことだよね?じゃあもしかして、人間が便宜上「無機化合物」と名付けている『物』たちにだって、『気持ち』が無いって果たして言い切れるの???」…と。

でね、ちょっと怪しいけど、それから物が壊れたときは「いま、何て言ってるのか?」とか考えるようになったのですよ。そしたら、聞こえはしないんだけど、なんとな〜く物の気持ちがわかるような気がしたのね。
詳しくは後日「うつ病とわたし」のところに書きますが、そうやって生活して行くと「もしかして風水とか占いとかって、こういう物の気持ちを『統計学』で見たものなんじゃないの?」とか、「この学問では◯◯って言ってることって、仏教でいうところの●●じゃないのかなぁ?」とか、いろいろ考えるようになったんですよ。
そして、もっと怪しいこと言うけど、物の出すサインを見落とさないで生きていくと、ちょっとだけ先のことが読めるようになったんですよね。これって五感以外のなにか、多分第六感までは行かないけどなんかなんじゃないかなぁと思って。

……なんて話を、昨日の日記にも書いた小川志津子さんと、うちの庭でしていた際に、志津子さんの携帯が鳴ったのです。そして入ったのがこちらのインタビューのお仕事でした…。

志津子さんの、e+さんでの江原啓之さんのインタビュー記事

なんかスピリチュアルでしょ〜??
……えっと、まとめます。
つまり、物にも気持ちがある、と仮定して人にも生き物にも物にも、全てに優しく接して生きていければ、楽しい世の中になるんじゃなあい?ってことですよ。

ちなみに、今日はすっごい体調が悪いなか、アロマスクールに無理矢理出かけようと、お守り代わりに志津子さんが作ってくださったブレスレットをしていったんです。



そしたら、帰ってきたら無くなっていました。(何で写真撮ってたかっていうと、本当はコレに守ってもらいましたって書こうと思ってたの…まさか無くなるとは…志津子さん、ごめんね…)

こういうとき私は、「私の悪い気(持ち)を吸って、代わりに無くなってくれたのかなぁ」って考えてます。
ブレスレットという「物」を介して志津子さんの優しさに、私が救われたとも考えられるかしら。
ブレスレット、そして、志津子さん、本当にありがとう。

そんなふうに考えると、ちょっとだけ世界が楽しく、優しく見えてきませんか?
あなたの世界から見たら、どうですか?
よかったら今度聞かせてくださいね。
カテゴリー : 私の目から見た世界 |
 
ページ: Prev 1 2 3 ...10 11 12
Dec 2017 1月 2018 Feb 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
HOMEPAGE
カテゴリー
星空喫茶 たがみ家(たがみや) [55]
猫のひなた [172]
日々のできごと [586]
たがみ家のオススメ! [8]
アロマテラピーとハーブ [30]
映画制作ユニットRGB第1回作品・映画「ひやしんすの根」のこと [16]
観劇記録 [2]
今日の庭 または 詩小説のもと [17]
私の目から見た世界 [58]
私のオススメまんが [12]
自然栽培奮闘記? [7]
リーセント
10/8(日)、クワランカ蚤の市を主催します!
2/26 お店番たがみ家 with すみれ舎 やります!
数字で見る自分の取り扱い説明書  〜潜在数秘術で私のことを教えてもらいました〜
1/末まで、ルシオライトさんの作品を クワランカで販売します!
12/25 「クリスマスキャンドルナイト!」をご予約いただいたお客様へ
12/25 「クリスマスキャンドルナイト!」予定メニューです
12/25 「クリスマスキャンドルナイト!」ご予約方法
10/8・9 星空喫茶 in 少年展 ご予約締切りと当日券について
10/8・9 星空喫茶 in 少年展 まとめ
星空喫茶 たがみ家 2016年10月のゲストお菓子屋さん、発表!(あとちょっとお詫び)
検索
Powered by myBloggie 2.1.4